愛犬が食べてきた6種類のドッグフードの短評レビューをまとめました

我が家の愛犬に試してきたドッグフードとその感想をまとめました。
短期間で色々変えるのはワンコにとって本当に合ってるのかどうか分かりにくいので、少なくても数か月単位で試しているものばかりです。

 

ちなみに、我が家の愛犬はシニアのジャックラッセルテリアで食欲は旺盛、皮膚はちょっと弱く太りやすい体質なので獣医さんに相談した療法食も入ってます。

安定感のあるロイヤルカナン

ロイヤルカナンには色々なシリーズがあって色々試してきましたが、一番相性がよかったのは消化器サポート。

 

食いつきもよく、便の調子もよかったんですが、347 kcal/100gと低脂肪食なのでワンコにとってはかなり物足りなそうな様子ははっきりと感じました。

 

低脂肪で食物繊維の割合を多くしたドッグフードということなので、どんな犬にも合うわけじゃなくワンコによっては低脂肪が良くないこともあるので使う場合は獣医さんに予め相談するのが必要です。

 

しばらく定番のフードとして使ってましたが、鶏肉が体質に合わなかったの痒がるようになったので、ロイヤルカナンの低分子プロテインに切り替え、こちらは食いつきもよく数年間使いました。

 

ロイヤルカナンのドッグフードは細かく分かれていて、逆にどれが一番良さそうなのか分かりにくいっていうのが少し残念ですが安定感はありますね。

 

食いつき
便
体調

シニアになると食いつきが悪くなるヒルズサイエンスダイエット

ヒルズのサイエンスダイエットはHPでも年齢や犬の大きさなどによって選びやすくなってるし、動物病院にも置いているので安心感があるドッグフードであることは間違いありません。

 

ただ、若いころはパクパク食べてくれてたヒルズですが、8歳以上のシニアになると途端に食いつきが悪くなってしまいました。
ワンコによってはシニアでも相変わらずパクパク食べてくれる子もいるはずなので、あくまでもうちのワンコの場合ですが。

 

小さい粒が食べにくさを感じたのか、ヒルズ独特の生姜の香りが苦手になったのかは定かではありませんがちょっと残念です。

 

食いつき
便
体調

期待しすぎてしまったカナガンドッグフード

ネットでかなり評判が高いカナガンドッグフードも試しましたが、期待値が高すぎたのかうちの愛犬は病気になったのかと思うくらい食いつきが悪くてかなり困りました。

 

幸いなことに切り替え前のドッグフードが残っていたので少しずつ混ぜてあげましたが、カナガンドッグフードの割合を多くするとすぐに残してしまうようになったので単独では使えないという結果に。

 

毛ツヤが良くなるという口コミもうちのワンコには合わず、かといって痒がったりするわけじゃありませんでしたが、総合的に評判が高すぎたので期待値も高くなりすぎたことが原因かと。

 

また、最初の頃は便が柔らかくなったのでリピートは今後もしないでしょう。

 

食いつき ×
便
体調

オーガニックは食欲をそそらない?ヤラードッグフード

完全オーガニックでグレインフリーなドッグフードで昔から有名なヤラーオーガニックドッグフード。

 

店頭販売しているのは見たことがないので知らない人もいるかもしれませんが、健康志向の強い飼主さんだったら一度は耳にしたことがあるドッグフードです。

 

オランダ産のドッグフードですが本国オランダはもちろん、EU全体で人気のドッグフードで、オランダ、フランス、ドイツ、EUのオーガニック認証を受けていることから見てもヤラードッグフードに使われる原料は間違いなし。

 

でも、ただただ食いつきが悪く・・・というより全く食べてくれませんでした。

 

食べの悪さはカナガンドッグフードとヤラードッグフードといった感想です。

 

食べてくれるなら本当にうれしいのですが、食事の楽しさも犬にとってストレスフリーで健康の秘訣なので、原料の良さだけで決めるのはいけないなと考えさせられました。

 

食いつき ×
便
体調

トッピングしないと食べてくれないモグワンドッグフード

ドッグフードを選ぶ時は獣医さんに直接聞いたもの、知人から聞いたもの、ネットでの情報を参考にしていますが、モグワンはネットでの評判がかなり高かったことと原料の良さで試してみました。

 

カナガンドッグフード、ヤラードッグフードと同じく原料にはかなりこだわったドッグフードであることは間違いありませんが、モグワンドッグフードも食いつきはあまりよくなくて何かトッピングしないと食べてくれません。

 

トッピング前提のフードではないはずだし、食いつきが良かったという人も多いので、犬の好みに合う合わないはありますね。

 

Amazonのレビューを見ていると低評価の人で下痢や嘔吐をするようになったという人がいますが、そういったことはありませんでした。
食いつきが良い犬には続けてもいいかもしれません。

 

食いつき ×
便
体調

ウンチの匂いが減少したヨラドッグフード

アレルギー検査の結果、豚肉・牛肉・鶏肉にアレルギー反応があるといわれたのでかなり途方にくれ、しばらくロイヤルカナンの低分子プロテインしか使ってなかったんですが、それでも痒そうにしているのを見て哺乳類・鳥類の肉を一切使わず動物性たんぱく質は昆虫だけというヨラドッグフードというイギリス産のフードを試すことに。

 

最初は昆虫?とかなり不安はあったのですが、EU最大規模のオランダの昆虫工場で作られてるということと、原料を見てもかなりよさそうだったので追わず試すことに。

 

これまで、原料は良いフードに限って食いつきがかなり悪いという結果だったのと、安いフードじゃないので不安はありましたが、相性がいいのか食いつきはかなり良くておやつと同じレベルでがつがつ食べてくれます。

 

また、無味無臭の昆虫を原料にしてるのかウンチの匂いが激減していい形のウンチを毎日してくれてます。

 

ただ、ヨラドッグフードは高いので大量に食べる大型犬の飼主さんは躊躇してしまうかもしれませんね。

 

食いつき
便
体調

 

まとめ

色々なドッグフードを試してきたお伝えしましたが、簡単な表にまとめました。

 

あくまでもうちのワンコの感想ですが、ネットのレビューを見ていても結構似てることが部分が多いと感じたので、もしあなたの愛犬の参考になったら幸いです。

 

うちのワンコは肉類アレルギーということもあって、今のところ新しいドッグフードを試す予定はなくてヨラドッグフードかロイヤルカナン低分子プロテインのどちらかしか食べさせる予定はありません。

 

>ヨラドッグフード公式ページはこちら<